自動条件設定システム

品番と数量を入力するだけでめっき条件が自動設定できるシステムです。

 「バレル種類・バレル回転数・電流・時間」が自動設定されるシステムで、品番入力は業務部から発行される現品票に記載されたバーコードによって行っています。(自動計算には、事前にデータベース化した部品毎の加工基準データを参照)

 入力画面には部品の写真を表示させ、伝票違いによる入力ミスを防止しています。このシステムは履歴をデータベース化し保存していますので、異常時の不良解析のデータとして活用できるようになっています。

 

入力画面例(全自動キャリア式バレル多種めっき装置)